お仕事広場
HOMEへ > 就職転職 > 2018年の正社員の転職におすすめのサイトはこれだ
 サイトマップ

2018年の正社員の転職におすすめのサイトはこれだ

はじめに

転職活動を行っていく上で、まず最初に利用したいのが転職支援サイトです。転職支援サイトでは専任のキャリアコンサルタントがついて、あなたの希望や条件に沿った求人を紹介してくれます。今回はたくさんある転職サイトの中からおすすめのサイトを紹介します。

まずは転職するうえでの不安を取り上げ、転職サイトを選ぶポイントとおすすめの転職サイトを紹介します。さらに求人数や非公開求人数の多さで見たおすすめの転職サイトなども併せてみていきます。




転職するうえでの不安

これから転職活動を行っていくうえで、様々な不安を抱えている方も少なくないかと思います。そこでまずは代表的なものをいくつか挙げていくことにします。

  • たくさんの転職支援会社がある中で、どこを選べばいいのかがわからない。

  • どの転職支援会社がいいのか?

  • 自分の希望に合う仕事を紹介してもらえるかどうか不安
  • 自分にあった仕事や自分のやりたい仕事がよくわからない。
  • 自分の年齢に合う仕事が見つかるかどうかが不安
  • 転職で年収が下がらないかどうかが不安
  • 在職中で転職活動に時間をさけるかどうかが不安。
  • 履歴書の作成や採用面接などがうまくこなせるかどうかが不安。
  • 転職先でうまくやっていけるかどうかが不安。



転職サイト選びのポイント

ではこのような不安を抱えていて転職サイトを選ぶ場合、どのような点に注目して探すといいのでしょうか。そこで転職サイトを選ぶポイントをいくつか紹介します。

求人数の多い転職サイトを選ぶ

転職サイトには公開されている求人と非公開の求人があります。非公開の求人はキャリアコンサルタントを通して紹介してもらえます。公開求人と非公開求人の数が多ければ多いほど、希望とする求人に巡り合う確率も高くなります。また好条件の求人を紹介してもらえる可能性も高くなります。転職サイトを選ぶなら求人数の多い大手がおすすめです。

求人数の多い派遣会社


非公開求人数の多さ

求人総数だけでなく、非公開求人数の多さも重要なポイントです。企業は内内に人材を集めたい場合や、人気職種でキャリアコンサルタントにある程度人材を厳選してもらいたい場合などに非公開求人の依頼を出します。

企業としてはある程度信頼や実績のある所に人材の厳選などを依頼したいものです。非公開求人数の多い企業はそれだけ、依頼する企業側からの信頼や実績のある企業だとみることもできます。なので非公開求人数の多さも選ぶ際のポイントとなるわけです。


取扱職種を確認

転職サイトを選ぶ場合はそのサイトがどのような職種を取り扱っているのかを確認しておくことも大切です。自分がつきたい職種を取り扱っているかどうかをあらかじめ確認しておくことで、転職サイトへの登録後に仕事紹介を受ける際のミスマッチの確立を減らすことができます。



就職・転職サイト一覧



doda



dodaのトップ画面

求人数が非常に豊富
dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する転職支援サービスです。取扱求人数も非常に豊富で、非公開求人も数多く取り揃えています。

スカウトサービス
キャリア情報を匿名で公開することで、企業からのスカウトメールを受け取ること、求職のチャンスを的確につかむことが出来ます。スカウトメールでは氏名や住所といった情報は公開されないので、あなたが特定される心配もありません。また勤務先に知られたくない場合は「ブロック設定」で公開したくない企業を指定することもできます。

dodaのスカウトメールは一般の求人だけでなく非公開求人で募集している企業からも届きます。また通常スカウトメールが届いてもそこからさらに書類選考、面接と採用までに段階を経る必要がありますが、スカウトメールの中には「面接確約のスカウトメール」といって書類選考を飛ばしていきなり面接から始まるスカウトメールが届くこともあります。

各種診断プログラム
dodaでは適正年収がわかる「年収査定」やあなたの強みや弱み、能力、 あなたに適した働き方や企業風土などを多角的に診断す「キャリアタイプ診断」などのプログラムも用意しています。キャリアタイプ診断は会員向けで、年収査定は会員でなくても利用できます。
求人数58,000以上
非公開求人数76,000以上
スカウトサービスあり
展開地域全国

求人数や営業拠点数は国内トップクラス





パソナキャリア



パソナキャリアのトップ画面

求人数が豊富
パソナキャリアは総合人材サービスグループである株式会社パソナが運営する転職支援サービスです。公開、非公開求人を多数取り揃えます。

週末の相談にも対応
在職中の転職活動は時間も自由にならず、また人目も気になるものです。そこで、平日の勤務後もしくはお休みの日にカウンセリングを受けていただけるよう、平日夜はもちろん土曜日もキャリアコンサルタントがお待ちしています(要予約)。

また、状況に合わせて、外出先やお電話でのカウンセリングにも柔軟に対応しております。

年収査定プログラム
長年に渡りパソナが蓄積して来た年収に関する膨大なデータを基に、 現在のあなたの市場価値を適正年収という形で算出します。
求人数38,000以上
非公開求人数16,000以上
スカウトサービスあり
展開地域全国





マイナビエージェント



マイナビエージェントのトップ画面

求人数が豊富
マイナビは総合人材グループの株式会社マイナビが運営する転職支援サイトです。1,000名を超えるマイナビグループの法人営業担当者が全国の大手企業からベンチャー企業まで最新の求人情報をいち早く取り寄せています。

就職活動をトータルサポート
マイナビエージェントの本格的な転職サポートの強みが発揮されるのは、応募企業が決定してから。応募企業に沿った応募書類の添削や、面接日の日程調整はもちろん、ご希望に応じて各企業の選考の傾向を踏まえた「面接対策」も実施。

求人数10,000以上
非公開求人数24,000以上
スカウトサービスなし
展開地域全国





ワークポート



ワークポートのトップ画面

ワークポートの紹介
ワークポートはIT、インターネット、ゲーム業界に強い転職・就職サイトで、他にも営業や製造業、マーケティングや販売・接客など幅広い職種の求人情報を扱う総合転職サイトです。

eコンシェル
eコンシェルとは就職サポートツールで、管理画面から利用できます。面接スケジュールの確認や応募した求人の選考状況の確認など、就職に関する状況を簡単に確認できる便利なツールです。

採用担当者の意見
「採用リアルボイス」では採用担当者に対してのインタビュー記事が、「採用担当者のホンネ調査」では採用担当者への調査結果が掲載されています。採用担当者側の意見が読めるのでおすすめです

求人数23,000以上
非公開求人数
スカウトサービスなし
展開地域全国





JAC Recruitment



JAC Recruitmentのトップ画面

国内大手、外資系、海外進出企業などに強み
JAC Recruitmentは約650名の業界に精通したコンサルタントを抱え、外資系企業や海外進出企業など、グローバル転職のサポートに特に強みを持っています。

スカウト求人オファー
無料の新規登録であなたのキャリアに適したスカウト・求人オファー が受けられます。

求人数7,100以上
非公開求人数10,000以上
スカウトサービスあり
展開地域全国





type



typeのトップ画面

typeの紹介
typeは株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職支援会社です。キャリアアドバイザーが専任で付き、転職を支援してくれます。

転職ノウハウ
事前準備や面接、内定・入社や退職各種手続きなどの転職活動の基礎知識から、職務履歴書の書き方など役立つコラムが充実してます。

求人数11,000以上
非公開求人数6,500以上
スカウトサービスなし
展開地域全国





転職サイト登録から入社まで

まずは転職サイトに登録を行います。その後転職サイトを運営する人材紹介会社が指定する事業所まで足を運び、専任のキャリアコンサルタント(CC)との面談を行います。キャリアコンサルタントから求人の紹介を受け、希望や条件に適う求人があれば、その求人に応募します。その後企業の選考、面接を経て、内定、入社となります。

転職サイト登録から入社までの流れ



求人数の多さ

求人数が多ければ多いほど、それだけ希望や条件に合う求人に巡り合える確率も高くなります。そこで転職支援会社各社を見たところ、株式会社パーソルキャリアが運営するdodaが13万件以上と最も多く求人数を取り揃えています。

つづいて大手人材紹介グループのパソナが運営するパソナキャリアが54000件、同じく大手人材紹介グループの株式会社マイナビが運営するマイナビエージェントが34000件の求人数を取り扱っています。求人数で見るとdodaが頭一つ抜けています。

おすすめ
dodaマイナビエージェントパソナキャリア



非公開求人数の多さ

非公開にする理由

転職支援会社では公開求人意外に非公開求人も取り扱っています。非公開にする理由は様々です。例えば求人活動も企業戦略の一環で、どのような人材を募集しているのかを外部に知られたくない場合や、急遽人材が必要となった場合に即時に対応してもらい、キャリアコンサルタントに紹介してもらうなどの理由が考えられます。

他にも人気の職種の場合は非公開にして、ある程度キャリアコンサルタントに事前に条件に合う人材を厳選してもらう場合などです。条件に合わない場合はキャリアコンサルタントの時点ではじかれるので、企業の人事担当者の負担を減らすことができます。


これまでの信頼や実績が非公開求人数の多さに

企業としてはこうした人選はある程度信頼と実績のある転職支援会社に頼みたいものです。企業の条件に合うような人材を紹介してくれる企業には自然と多くの企業からの求人紹介の依頼が集まるものです。非公開求人数の多さはこうしたそれまでの転職支援会社の信頼や実績の積み重ねの、一つの証明であるとみることもできます。

非公開求人数はdodaが最も多く、次いでマイナビエージェント、パソナキャリアの順になります。

おすすめ
dodaマイナビエージェントパソナキャリア



キャリアコンサルタントで選ぶ

キャリアコンサルタントのメリット

転職サイトに登録すると専任のキャリアコンサルタントがつきます。キャリアコンサルタントはお仕事情報の紹介だけでなく、あなたに代わって面接日や採用条件、入社日などの調整も行ってくれます。さらに面接対策や職務経歴書のアドバイスなども受けられます。


キャリアコンサルタントの良し悪しはわからない

キャリアコンサルタントはこのように就職、転職活動を総合的にサポートしてくれるパートナーのような存在なので、有能な方についてもらいたいものです。しかしながら外部からキャリアコンサルタントの能力を判断するのはなかなか難しいものです。やはり実際に担当についてもらってみて初めてその良し悪しが判断できます。


担当についてもらってみて良ければ、一緒に転職活動を行っていけばいいですが、もし仮にあまり納得のいくサポートが得られなかったのなら、思い切って転職サイトを変えてみるのも一つの手です。



複数の就職・転職サイトに登録する

転職サイトごとに得意ジャンルが異なる

転職サイトごとに同じような業種や業界を取り扱っていても、それぞれで得意とする業種や業界に違いがあります。そこで複数の転職サイトに登録しておくことで、より多くの求人の紹介を受けることができ、より選択肢の幅を広げることができます。


たくさん登録しすぎても対応できない

転職サイトで求人の紹介を受ける場合、基本は転職サイトの店頭まで足を運びキャリアコンサルタントと面談をとる必要があるので、あまりに多く登録しすぎると面談日時の調整などが大変になってきます。


たくさん登録しすぎても対応できない

転職サイトによっては現在他に登録しているところはないか、きいてくる場合もあります。これは正直に答えても特には問題はないようです。ただしほかのサイトで応募した求人には再度募集しないよう指示されることもあるようです。



まとめ

ここまでおすすめの転職サイトについて見てきました。転職サイトはサイトごとに強みのある業種や業界に違いもありますが、おすすめは求人数の多いdodaやパソナキャリア、マイナビエージェントなどです。

dodaパソナキャリアマイナビエージェント
















おすすめ転職サイト

doda
dodaのトップ画面

国内大手転職サイト、非公開求人の紹介や面接対策、キャリアプランの提示などで転職をトータルでサポート。
詳しくはこちら



就職・転職

since 2003/03/11
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved