お仕事広場
HOMEへ > 就職転職 > 正社員の転職での面接、面談時の服装や髪型について、私服でもOKか?
 サイトマップ

正社員の転職での面接、面談時の服装や髪型について、私服でもOKか?

はじめに

正社員の面接で大切なのはまずはしっかりとした格好で挑むことです。そこで男性と女性別でそれぞれ面接時にふさわしい髪型や服装はどのようなものなのかを詳しく見ていくことにします。さらに服装だけでなく小物やメイクについてや服装自由、私服でOKといわれた場合の服装についても解説していきます。







服装は勤勉性や協調性などを見るポイントに

面談や面接での服装は?

転職サイトを利用して正社員の面接を受ける場合は、まずは転職サイトに登録するところから始めます。次に転職サイトを運営する人材紹介会社まで足を運びキャリアコンサルタント(CC)と面談します。その後求人の紹介を受け、求人先が決まれば応募して、企業による選考、面接が行われます。内定が決まれば入社となります。

今回はキャリアコンサルタントとの面談の場面や応募先企業との面接の場面での服装や髪型について、どのようにすればいいのかを解説していきます。

転職サイト登録から入社までの流れ


服装から勤勉性や協調性がみられる

コンサルタントとの面談や応募先企業での面接は、「この人はしっかりと働いてくれる人なのだろうか」ということを見られる場です。面談や面接での受け答えももちろん重要ですが、見た目も勤勉さをアピールするポイントとなります。だらしない恰好ではそれだけで第一印象が大きく変わってしまいます。

また会社は集団で働く場でもあります。そのため勤勉性だけでなく協調性も見られます。ファッションやアパレル関係なら別ですが、あまりに奇抜な格好はそれだけで協調性を疑われてしまう要因となります。落ち着いた格好を意識するようにしましょう。

正社員の面接で見られる主なポイント

今回は正社員の面接や面談時の服装や髪型について各パーツごとに見ていくことにします。



正社員の面接での髪型や髪色は?

髪色(男性)

髪色は基本的には黒がいいです。髪の毛を染めていると不真面目な印象を与えてしまう可能性があります。


髪型(男性)

長髪はNGとしている場合が多いので短髪が無難です。前髪は目にかからないようにしましょう。おでこが見えた方が清潔感が増すのでスタイリング剤などを使って髪を横に流すなどしてもいいです。寝ぐせなどもついてないかチェックしましょう。


ワックスなどで絶てた髪型やアシンメトリーな髪型だと面接時に浮いてしまいます。また無造作ヘアーなどのぼさぼさ感は不潔な印象を与えてしまう可能性もあります。

男性の面接に適した髪型


髪色(女性)

女性も髪の色は基本は黒がいいですが、女性の場合は暗めの茶髪であれば許容範囲としている企業もあります。ただし染める場合も毛先と根元の色が異なるプリン状態にならないよう、染め直すか部分的にケアするなどの対策は必要です。


髪型(女性)

女性の場合は髪の長さはショートでもミディアムでもロングでも構いません。ただし髪が長すぎてお辞儀の際に肩にかかるようだと見栄えのいいものではありません。なのでポニーテールやハーフアップ、シニヨン(束ねた髪を後頭部でお団子状にまとめる)などにして置くといいです。ツインテールなどの社会人らしくない髪型は避けましょう。

前髪は目にかからないように切っておくか、横に流してピンでとめておくといいです。サイドの髪も耳にかけて耳を出しておくとより清潔感をアピールできます。

束ねるゴムやバレッタは黒や茶色など落ち着いた色のものを選びましょう。シュシュはカジュアルなイメージが強いので、たとえ落ち着いた色のものだとしてもさけたほうが無難です。

面接で髪を後ろで結んでまとめる


証明写真と髪型が異なる場合

証明写真はぱっと見で本人かどうかが確認できるかどうかが重要です。少しの髪の長さの違い程度なら問題ありませんが、髪を切ったりした場合には取り直した方がいいです。 なるべく変化が少ないよう直近でとったものを使いましょう。遅くても3ヶ月以内のものを使いましょう。



正社員の面接での男性の服装

スーツ(男性)

普段はラフな服装で仕事をするような職場でも面接時にはスーツが基本です。色は黒か紺、ダークグレーなど落ち着いた色で、無地が細めのストライプなど目立たない柄のものを選びます。リクルートスーツは若すぎる印象を与えてしまうかもしれないので避けた方がいいです。


シャツ(男性)

シャツやワイシャツは白の無地のもので、清潔でアイロンがけしてしわのないものを着用します。


ネクタイ

ネクタイの色は特に決まりはありませんが、ピンクや赤などの派手な色は避けた方がいいです。柄も無地かチェック、ストライプ、小紋など控えめなデザインのものがいいです。


ベルト

ベルトは革製で黒や茶色など落ち着いた色のものを選びましょう。靴の色に合わせるといいです。装飾や金具が派手なものはカジュアルなイメージが強いのでスーツとはあいません。


靴下

靴下は黒か濃紺、濃いグレーで無地のものをはきましょう。基本は黒がいいです。白い靴下は学生のようなイメージになるので正社員の面接には適していません。足を曲げた際などに素足が見えない方がいいので長めの靴下の方がいいです。


靴は革靴で色は黒かこげ茶色のものを選びます。明るい茶色のものやつま先がとがり過ぎたようなものは避けましょう。スウェードやヌバックなど毛足のあるものもカジュアルなので避けます。



正社員の面接での女性の服装

スーツ(女性)

女性も面接ではスーツが基本です。下は膝丈のタイトスカートかセミタイトがおすすめです。パンツスーツでも構いません。ミニスカートやワイドパンツ、スキニーパンツなどはカジュアル性が高いので避けましょう。リクルートスーツは新人、頼りないというイメージ与えてしまう可能性があるので避けた方が無難です。

色は黒か紺、グレーなど落ち着いた色を選びましょう。

スカートは膝丈で


シャツ(女性)

インナーはシャツかブラウス、カットソーで白か淡いパステルカラーのものを選びましょう。下着などが透けないよう透け感のないものを選びましょう。気になる場合は下にキャミソールなどを着ておくといいです。


ストッキング

ストッキングをはく場合はナチュラルストッキング(肌色のストッキング)をはくようにしましょう。柄の入っているものやタイツではカジュアルな印象が強くなるためスーツには合いません。


靴はシンプルな黒系のパンプスで。ピンヒールやスニーカーなどはビジネスシーンには不向きなので避けましょう。ヒールは5cm〜7cmくらいがスーツにあってきれいに見えます。

面接ではパンプスで



正社員の面接での小物、メイクは?

カバン(男女)

かばんはリュックやトートバックではなく、ショルダータイプのカバンや手さげタイプのカバンがいいです。いわゆるビジネスバックと呼ばれるものです。色はスーツの色などに合わせて黒や紺、ブラウンなどを選ぶといいです。大きさはA4サイズの種類が楽に入る程度のものがいいでしょう。


アクセサリー・ネイル

アクセサリーは基本的にはしない方がいいです。するとしても大きすぎずシンプルで清楚なものにしましょう。ピアスもつけるなら揺れるものではなく耳にぴったりと付くものの方がいいです。指輪は結婚指輪以外は外しておきましょう。ネイルも派手なものはNGです。つけるとしてもベージュや薄いピンクなどナチュラルカラーにした方がいいです。


メイク

メイクはナチュラルメイクで。ノーメイクは外見にあまり気を使わない人だと思われてしまうこともあるのであまりよくはありません。


腕時計

腕時計は目立ちすぎないデザインのアナログ時計を選ぶといいです。一目でブランド物とわかるようなものやデジタル時計は避けた方がいいです。デジタル時計は子供っぽい印象やアウトドアで使うような印象を与えてしまいます。



その他気になるポイント

夏場のジャケットは?

夏だからと言って面接でジャケットを着ないでシャツ1枚というのもよくはありません。それでも夏場は暑いので面接会場に行くまでは片手に持参し、面接会場に入る前にジャケットを着るといいでしょう。


Tシャツは大丈夫?

基本的にはビジネスシーンでは襟のついてない服は好まれません。なるべくなら避けた方が無難です。もし着ていくのなら胸元が開きすぎていないもので、無地か控えめな色のモノにしましょう。

襟付きのシャツ


ブランド物のバックは?

一目でブランドものだとわかるようなバックはビジネスシーンには向いていません。ビジネス用のバックにした方がいいです。


香水

香水は匂い自体が敬遠される可能性もあるので、できれば付けない方がいいです。また香水のように匂いが気になるヘアスタイリング剤や柔軟剤などの匂いにも注意した方がいいです。


ひげ

面接時は清潔感が大切なので、ひげはしっかりと剃っておきましょう。


ハンカチ、タオルは?

汗をかいたときのためにハンカチやタオルを持参しておきましょう。面接会場内ではタオルではなくハンカチを使います。汗をかくこと自体は恥ずかしいことではありませんが、そのままにしておくのはだらしないと思われることがあります。



服装自由、私服OKといわれた場合

自由でもきちんとした服装を

企業によっては面接での服装は自由、私服でもOKとしているところも中にはあります。この場合の服装はどうすればいいのでしょうか。自由といってもビジネスシーンの範囲内での自由です。スーツではなくてもいいですがきちんと感のある服装が求められます。具体的にはオフィスカジュアルの服装を心がけるといいでしょう。


男性のオフィスカジュアル

男性のオフィスカジュアルはブレザーやテーラードスーツ、襟付きの白シャツ、チノパン、革靴などです。色は白や黒や紺、パステルカラーなど落ち着いた色のものを選びましょう。ちなみにスーツのジャケットとパンツどちらかだけを切るのはちぐはぐに見えるので避けましょう。


女性のオフィスカジュアル

女性のオフィスカジュアルは白いブラウス、シャツ、カットソーに、膝丈もしくは膝にかかる程度のタイトスカート(セミタイト)もしくはすっきりとしたパンツにパンプスを選びます。カーディガンやジャケットを羽織るとフォーマルな印象を与えることができます。色は白や黒、紺やパステルカラーなど落ち着いた物を選びましょう。


NGな服装は?

Tシャツやスウェット、パーカー、トレーナー、デニムやジーンズ、ミニスカート、短パン、ダメージファッション、胸元・背中・肩の出ている服、スニーカーなどカジュアルすぎる格好は避けましょう。



まとめ

正社員の転職での面接では、男女ともスーツが基本です。スーツに白いシャツやブラウス、革靴やパンプスが基本スタイルとなります。面接では勤勉性や協調性などが見られるものです。こうした面が疑われないようしっかりとした面接用の服装で挑むことが大切です。





おすすめの転職サイト

dodaのトップ画面

パーソルキャリアの運営する大手転職サイトです。求人情報の数も非常に豊富で取扱う職種も多岐にわたります。専任のキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれます。

主な特徴
・求人数が非常に多い
・専任のキャリアアドバイザー

国内最大級の合同企業説明会「doda転職フェア」開催
doda


パソナキャリアのトップ画面

大手人材派遣グループのパソナが運営する転職サイトです。求人数も豊富で数多くの分野の職種も取り扱っています。

主な特徴
・求人数が多い
・専任のキャリアアドバイザー
・拠点数が豊富

退職交渉や内定後のフォローも
パソナキャリア





公開日 2018/12/05



おすすめ転職サイト

doda
dodaのトップ画面

国内大手転職サイト、非公開求人の紹介や面接対策、キャリアプランの提示などで転職をトータルでサポート。
詳しくはこちら

就職・転職

since 2003/03/11
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved