お仕事広場
HOMEへ > 派遣 > 派遣会社か仲介型か
 サイトマップ

派遣会社か仲介型か

仲介型とは

派遣会社の運営するホームページでは派遣会社が提供する求人案件だけしか閲覧することが出来ません。一方仲介型ではたくさんの派遣会社から求人情報を収集しているので、たくさんの求人案件を閲覧することが出来ます。

派遣会社と仲介型の違い



仲介型の特徴

メリット

沢山の派遣会社の情報を簡単に閲覧できる。中小の派遣会社情報も閲覧できる。

デメリット

参加している派遣会社の全ての求人案件を見れるとは限らない。一部のみのケースが多い。その派遣会社の持つすべての求人案件を閲覧したい場合は、その派遣会社に登録することが必要な場合が多いです。また大小さまざまな規模の派遣会社が参加しているので、気に入った求人案件を扱っている派遣会社が規模の大きい大手ほど信用できる派遣会社なのかどうかもわかりません。

ほかにも派遣会社であれば登録後におすすめの求人案件を紹介してもらえることが有りますが、仲介型では自分で検索して探すのが基本です。仲介型で派遣会社からお勧めの求人を紹介してもらいたい場合はスカウトサービスが便利です。スカウトサービスとはプロフィールやこれまでの体験談などを登録しておき、匿名で派遣会社に公開することで派遣会社側からお仕事の紹介をうけられるサービスです。下記一覧の中でマイナビ派遣がスカウトサービスに対応しています。

一覧
はたらこねっと
リクナビ派遣



派遣会社

メリット

単独派遣会社は派遣リンク集型のサイトに参加していない、もしくは参加していても紹介案件のうち一部しか紹介していないケースが一般的です。派遣会社運営のサイトならリンク集型のサイトでは得られない多くの情報が得られます。複数参加型を経由せずに直接登録申込をしたほうが手間がかからないケースも多いです。また登録しておくことで非公開案件の紹介も含めたあなたにおすすめのお仕事の紹介も受けられます。

デメリット

一般に紹介案件が複数参加型に比べてすくない。(大手では複数参加型に負けない規模で紹介案件を提供しているところもある。)

一覧
リクルートスタッフィング
アデコ
パーソナルテクノロジースタッフ
ヒューマンリソシア
マンパワーグループ
ランスタッド



まとめ

派遣選びで一番重要なのは仕事内容でしょう。したがって仲介型を利用して多くの派遣会社の情報を浅く広く集めてもいいし、派遣会社自身のサイトで自社でしか紹介してない案件も含めてより深く探して見てもいいでしょう。いい紹介案件が見つかれば、その派遣会社の福利厚生やサポート体制をチェックして実際の登録手続きに移ります。





使える派遣サイトの探し方

求人数の多さや拠点数の充実度、スカウトサービスの有無や祝い金サービスの有無など様々な項目で派遣サイトを比較して、使えるサイトを検証しています。複数登録など派遣サイトの便利な活用の仕方も解説します。
派遣会社サイト比較一覧





最終更新日 2015/06/01
公開日 2006/09/16







派遣
派遣サイトの特徴

社会保険制度について

有給休暇や各種手当について

派遣サイトの気になる点

派遣サイト一覧

since 2003/03/11
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved