お仕事広場
HOMEへ > 履歴書を書き始める前に
 サイトマップ

履歴書を書き始める前に




はじめに

企業の人事採用担当者は、その人がどういう人間なのかが一番の注目点です。履歴書はその人の情報がいっぱい詰まったもので大変重要なものですので、しっかりとしたものを作成する必要があります。



自己分析が大事

履歴書に書き始める前に、まず最初にしなければいけない作業があります。それは自己分析です。自己分析とはなんでしょう? 「自分はどういう人間なのか」、「自分は何がしたいのか」これを見極める作業です。ヒット商品などに共通してることは、安さ、便利さなど、コンセプトが明確であるという点です。自己アピールにおいても同じこと。自分が一体どういった人間で、何がしたいのかが明確でないと、相手にしっかりと伝わらなし、与える印象も少なくなります。履歴書作成において必要なのは相手にどれだけ自分をアピールできるかです。ですので自己分析はかかせない作業です。



自己分析のプロセス

じゃあ実際自己分析とはどのようにするのかですが、それは過去、現在、未来の自分と向き合う作業を指します。中でも過去自分が情熱を傾けたこと、夢中になっていたこと、苦労したことなどの体験には自分の特徴というのが多分に含まれています。それらを分析することで自分の特徴が見えてきます。

具体的なプロセス

なぜその経験をすることにしたのか

解決するために何をしたのか

そのためにした努力は何か

結果どうなったか

このプロセスにおいてつねに意識すべきは、「なぜそうしたのか?」という発想です。自分の行動に何度も問い掛けて深く掘り下げていくことで次第に自分の本質が見えてきます。

自分が何をしたいのかが見えてくると、なぜその企業を選んだのか、その企業で何がしたいのかといった志望動機もみつけることができます。



自己アピールは過去の経験を踏まえて

淡々と自分の特徴を伝えるよりも、その特徴がよくでている過去の経験、事例を話す方が、相手により深く特徴を伝えることができます。自己分析においてすでにいくつか過去の経験を取り上げているでしょうからそれほど大変な作業ではありませんね。



自己分析は面接対策にもなる

面接担当者は自己PRや志望動機について追求してきます。あなたをより深く知ろうとしているのです。自己PRや志望動機は、自己分析という自分を探求する作業から導き出されるものです。相手はその答えから逆にそれにいたる経緯を探ることであなたを分析しようとしているわけです。自分自信で先に分析しておけばそれら質問に困惑することもなく答えることができます。自己PRや志望動機を導き出すために取った自己分析という作業は同時に面接対策にもなっているのです。相手からの質問で、はじめて自分に気づかされるのでは答えるのにも時間がかかるし、十分な答えも用意できませんよね。













その他

since 2003/03/11
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved