お仕事広場
HOMEへ > 派遣 > 派遣の面接、登録会、顔合わせでの服装や髪型について、私服でもOKか
 サイトマップ

派遣の面接、登録会、顔合わせでの服装や髪型について、私服でもOKか



服装は勤勉性や協調性などを見るポイントに

派遣での面接ではまずは派遣会社への登録のために登録会に参加する必要があります。そこで登録を済ませ、いざお仕事の紹介を受ける段階になると、実際に職場となる派遣先への顔合わせ(面接)が行われます。顔合わせでは自己紹介や過去の職歴への質問などが行われます。派遣の登録会や顔合わせの際の服装や髪型はどのようにすればいいのかを今回詳しく見て行くことにします。

派遣での登録会や顔合わせ(面接)では「しっかりと仕事をしてくれるのかどうか」という部分を面接官は重要視します。面接での受け答えはもちろん大切ですが、しっかりとした服装も自身をアピールするうえで重要な要素です。だらしない服装ではそれだけで第一印象が大きく変わってしまいます。

また仕事とは集団で行っていくものなので、当然協調性も重要となります。ファッションやアパレル関係なら別ですが、あまりにも奇抜な格好は協調性を疑われる要因となります。なるべくなら落ち着いた格好を意識しましょう。

それでは各パーツごとに男性と女性で服装や髪型選びの際のポイントを解説していきます。

髪型(男性)

長髪や茶髪がNGな職場もありますので、紹介される仕事の幅を広げたいなら短髪で黒髪の方が無難です。前髪は目にかからないようにし、寝ぐせなどもないか確認しましょう。派遣会社への登録会では茶髪はOKでも派遣先となる職場ではNGな場合もあります。その場合は派遣会社から黒に染め直せないかどうかと相談が来ることもあるようです。女性の場合も同様です。

髪型(女性)

明るい茶髪よりも落ち着いた髪の色で。髪が長くて頻繁にいじるようだと清潔感がありません。髪が肩にかかる場合はそのままおろさないで結んでおくようにしましょう。また前髪も長すぎてお辞儀した後に垂れてきた前髪を何度も直すのはあまり好ましくありません。目にかからない程度の長さにするか横に流してピンでとめておくといいでしょう。束ねるゴムやバレッタは黒や茶など落ち着いた色を選びましょう。シュシュはカジュアルな印象が強いものが多いので避けた方が無難です。ツインテールは社会人らしくないので避けた方がいいでしょう。サイドが長い場合は耳にかけてピンでとめておきましょう。

上半身(男性)

大手派遣会社の多くは登録会での服装は自由でかまなわい、普段着でOKというところが多いです。その場合男性は白か薄い色合いの襟付きのシャツかポロシャツが無難です。柄は無地かチェック、ストライプなど。ジャケットはビビットな色合いなものは避け白、黒、茶色、紺色など落ち着いた色を選びましょう。

上半身(女性)

女性の場合登録会はこちらも白か薄い色合いの襟付きのシャツかブラウス、上品なニットがいいでしょう。ジャケットは白やグレー、茶色や紺色などあまり派手でなく落ち着いた色合いのものを。シンプルなカーディガンなどでもOKです。ロングカーディガンやローケージカーディガンはカジュアルすぎるので避けましょう。

下半身(男性)

コットンパンツが無難です。デニム素材の服装は避けた方がいいでしょう。

下半身(女性)

コットンのパンツやスカートが無難です。スカートは膝丈程度であまり短すぎるものは避けましょう。

靴(男性)

ブーツやスニーカーではなくブラウン系の革靴が無難です。

靴(女性)

ブーツやピンヒールではなく革靴かパンプスが無難です。

カバン(男女)

履歴書や筆記用具を入れておくカバンはリュックタイプのモノよりもショルダータイプの方がいいです。履歴書を折らずにクリアファイルに入れてそのまましまえるように少し大きめのカバンを選ぶといいでしょう。あまり派手でなく綺麗目でシンプルな物が印象がいいです。

アクセサリー・メイク

男性ならつけないほうがいいです。女性ならアクセサリーやピアス、ネイルは大きすぎず控えめで清楚なものを選びましょう。メイクはナチュラル系のメークで。ノーメークはあまり外見に気を使わない人だと思われてしまうことがあるのでよくありません。腕時計は必ずしていくようにしましょう。



夏場のジャケットは?

面接では上はワイシャツ一枚というのもあまりよくはありません。ジャケットなどを羽織っておくとそれだけでも印象はだいぶ違います。夏場は暑いので面接会場まではジャケットを片手に持参し、面接を受ける前にジャケットにそでを通すといいでしょう。



派遣会社から特に指定がない場合は

服装について派遣会社から特に指定がない場合はスーツが無難です。大手を中心に派遣会社によっては「登録会での服装は自由でかまなわい」としているところもすくなくありません。しかしながらどんな服装でもいいというわけではありません。自由とは言いながらも派遣会社は参加者の服装をしっかりとチェックしているものです。

ではどのような格好で行けばいいのでしょうか。この場合はオフィスカジュアルで行くのがいいでしょう。オフィスカジュアルとは事務系のオフィスに勤務している方と同じような服装です。白や薄い色のブラウスやシャツに、スッキリとしたパンツ、膝丈のスカート、色は白や黒、紺やパステルカラーなど落ち着いた物を選びましょう。もちろんスーツで行っても構いません。スーツならマイナスの印象を持たれる心配はまずありません。



派遣先との顔合わせではスーツを

複数の派遣会社へのアンケートでは派遣会社の登録会への服装は3割以上がオフィスカジュアルが望ましいとしていて、次いで3割弱がスーツが望ましいとしています。そのあとは普段着や職種にあった服装が続きます。多くの派遣会社が登録会への服装は自由で構わないとしていることも影響しているものと思われますが、登録会ではスーツもしくはオフィスカジュアルが適しているといえます。

一方登録会を済ませ派遣会社から実際にお仕事の紹介を受け、実際に働くことになる派遣先への顔合わせではどのような服装が望ましいのでしょうか。こちらも複数の派遣会社による調査ではスーツが7割弱と最も多い結果となっています。次いで2割弱が職場にあった服装で、オフィスカジュアルは1割ほどしかありません。派遣先への顔合わせではスーツが最も望ましいといえるでしょう。ジャケットがあればオフィスカジュアルでも構わないという場合もありますが、理想はスーツです。



避けた方がいい服装は?

避けた方がいい服装に共通しているのは「だらしない」「派手」「露出が多いの」の3つです。

男性ならジャージ、ローライズのデニム、ダメージジーンズ、ハーフパンツ、革ジャン、パーカー、サンダル、ブーツ、派手なピアスにチェーンなど。

女性ならミニスカート、ホットパンツ、襟ぐりの大きなトップス、ノースリーブ(上に何かを羽織るならOK)、派手なアクセサリーや靴、ニーハイブーツ、ミュール、つま先のあいた靴などです。

他にもサイズが大きくてだぼだぼの服装というのもだらしない印象を与えます。比較的体にフィットした服装の方が印象はいいです。せっかくスーツやシャツを着ていても、しわだらけだと印象はよくありません。アイロンやクリーニングでしっかりとしわを伸ばしたものを着用しましょう。



その他気になるポイント

Tシャツは大丈夫?

派遣会社によってはTシャツでも特に構わないというところもあるようですが、基本的にはビジネスシーンでは襟のついていない服は好まれません。なるべくなら避けた方が無難です。もし着ていくのなら胸元が開きすぎていないもので、無地が控えめな色のモノにしましょう。

ジーパンは大丈夫?

ジーパンはデニム素材の服で鉱山で働く従業員の作業着として利用されたのが最初で、現在ではファッションとしても広く認知されています。カジュアルな印象がつよいため面接などの場面ではあまり好まれません。

ブランド物のバックは?

一目でそのブランド名がわかるようなバックはオフィスシーンにはあまり適していません。ビジネス用のバックにした方がいいでしょう。

香水

香水はできるだけ控えめにした方がいいでしょう。臭い自体が敬遠される場合もあるのでつけないならつけないに越したことはありません。

ひげ

面接では清潔感が大切なので、ひげは剃っておきましょう。



まとめ

派遣会社での登録会への参加時と登録後実際に派遣先業へと顔合わせをする際の2回の面接があります。登録会ではスーツかオフィスカジュアルな服装が望まれます。顔合わせでは主にスーツが望まれます。オフィスカジュアルとは襟付きのシャツやブラウスに、コットンのパンツかスカートで、上にはジャケットかニット、カーディガンなどを羽織ります。靴は革靴が基本です。スーツが一着あればどちらにも対応できます。



使える派遣サイトの探し方

求人数の多さや拠点数の充実度、スカウトサービスの有無や祝い金サービスの有無など様々な項目で派遣サイトを比較して、使えるサイトを検証しています。複数登録など派遣サイトの便利な活用の仕方も解説します。
派遣会社サイト比較一覧





公開日 2016/10/18









派遣
派遣サイトの特徴

社会保険制度について

有給休暇や各種手当について

派遣サイトの気になる点

派遣サイト一覧

since 2003/03/11
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved