お仕事広場
HOMEへ > アルバイト > アルバイトの割増賃金である深夜労働手当、休日労働手当とは
 サイトマップ

アルバイトの割増賃金である深夜労働手当、休日労働手当とは



深夜労働手当てとは

アルバイトを探す際に同じバイト先でも日中勤務と深夜勤務ではバイト代が大きく異なることがよくあります。これは労働基準法により午後10時から午前5時まで(厚生労働大臣が必要であると認める場合においては、その定める地域又は期間については午後11時から午前6時まで)の勤務では、通常の労働時間、または労働日の賃金に対して2割5分増し以上の賃金を支払うことが義務付けられているからです。例えば日中の時給が1000円なら、深夜勤務は時給1250円以上にしなければなりません。これを深夜労働手当といいます。





午後11時から午前6時までの地域、期間は?

労働基準法第37条第4項の条文では厚生労働大臣が認める場合において深夜労働手当の適用される時間が1時間ずれる場合があると明記されていますが、これはどのような場合なのでしょうか。

そもそも労働基準法が制定される時点では日本でもサマータイムが実施されていて、夏の間だけ時計が1時間早められていました。日本でのサマータイムは1948年から実施されましたが、1951年には廃止されています。このように設立当初はサマータイムを想定して1時間ずれる期間、地域などを認める条文もあったのですが、サマータイムが数年で廃止されたため、現在に至るまで適用される期間、地域は実際にはありません。条文だけが現在も残っているわけです。したがって深夜労働手当が適用されるのは実質午後10時から午後5時と覚えておけば十分でしょう。




残業と重なった場合は?

労働基準法では原則1日8時間、1週間で40時間を超える勤務には通常の労働時間や労働日の賃金に対して2割5分増し以上の賃金を支払うことが義務付けられています。これを時間外労働手当といいます。この残業時間が午後10時から午後5時の間に重なった場合は、その期間は時間外労働手当に加えて深夜労働手当も支払う義務が発生し、合計で5割以上の割増賃金を支払う必要がでてきます。時間外労働手当についてはアルバイト・パートの労働時間と残業代についてでも詳しく解説しています。

例えば午後4時から深夜2時まで働いたとします。この場合午後4時から午後10時までは通常の賃金です。午後10時から午後12時までは深夜労働手当で25%以上の割増賃金が支払われます。午後12時から深夜2時までは勤務時間が8時間を越えてくるので深夜労働手当に時間外労働手当もプラスされ合計で50%以上の割増賃金が支払われます。

労働時間のケース割増率
深夜労働125%
深夜労働 + 時間外労働150%




休日労働手当とは

労働基準法では週に1日、または4週を通じて4日以上の休日を与えることが義務付けられています。これを法定休日といいます。休日には法定休日以外に各企業が定める所定休日があります。例えば土日が休みの会社の場合は、土日のどちらか一方が法定休日でもう一方は所定休日になります。土曜日と日曜日のどちらが法定休日なのかを特定することまでは求められていません。

法定休日に出勤した場合は通常の労働時間、労働日の賃金の3割5分増しの賃金を支払わなければなりません。




土日両方出勤した場合は?

土日の両方で出勤した場合はどうなるのでしょうか。法定休日は週1日なので土曜か日曜のどちらか一方で3割5分増しの賃金が支払われ、もう一方は通常の賃金が支払われます。しかしながら両方出勤してどちらも割増賃金が支払われたという方も多いのではないでしょうか。これは休日労働手当ではなく時間外労働手当が支払われたものと思われます。時間外労働手当は週40時間以上の勤務に対して支払われます。

例えば毎日8時間働き、5日勤務して土日も出勤したとします。5日勤務した時点で法定労働時間の週40時間を越えているため、土曜日の勤務はすべて時間外労働手当である2割5分増しの賃金が支払われることになるわけです。そして日曜の勤務には休日手当の3割5分増しの賃金が支払われます。

なお時間外労働手当と休日労働手当は合算されることはありません。上記の例では土曜日は時間外労働手当の2割5分増しの賃金が採用されますが、日曜日は時間外労働手当は採用されず、休日労働手当の3割5分増しの賃金が支払われます。時間外労働手当と休日労働手当が重複して6割増しになるということはありません。




休日出勤が深夜勤務と重なった場合

休日出勤が勤務時間が午後10時から午後5時の間に重なっている場合は、休日労働手当の35%増しに深夜労働手当の25%増しがプラスされ、合計で60%以上の割増賃金を支払わなければなりません。

労働時間のケース割増率
休日労働135%
休日労働 + 時間外労働135%
休日労働 + 深夜労働160%




日をまたいでの休日勤務は?

例えば日曜日が法定休日で日曜の夜8時から深夜3時まで勤務したとします。この場合休日手当の扱いはどうなるのでしょうか。まず夜8時から10時までは休日手当が加算されます。10時から12時までは休日手当に深夜労働手当ても加算されます。問題は0時から3時までです。この時間帯は深夜労働手当は加算されますが、休日手当は加算されません。

労働時間手当割増率
21:00〜22:00休日労働手当135%
22:00〜24:00休日労働手当 + 深夜労働手当160%
24:00〜03:00深夜労働手当125%

これは休日は暦日単位(0時〜24時)で判断されるからです。夜の12時を過ぎた時点ですでに翌日の月曜日扱いとなるわけです。これは土曜日出勤の場合でも同様です。土曜の夜に8時から深夜3時まで勤務したとします。この場合夜8時から10時までは通常賃金で、10時から12時までは深夜労働手当が加算されます。0時から3時は翌日の日曜日扱いとなるため、深夜労働手当に休日労働手当も加算されます。

労働時間手当割増率
21:00〜22:00休日労働手当135%
22:00〜24:00休日労働手当 + 深夜労働手当160%
24:00〜03:00深夜労働手当125%




国民の祝日の休日労働手当は?

土日以外の国民の祝日に出勤した場合は休日労働手当の支払い義務はありません。就業規定などで土曜日と同じように国民の祝日も所定休日に指定している会社も多くありますが、休日労働手当が採用されるのはあくまで週1日の法定休日のみです。




振替休日や代休での休日手当は?

振替休日とは前もって休日となる日と労働となる日を入れ替える制度で、労働者に事前に知らせることで休日となる日に出勤しても休日手当を支払う必要がなくなります。振替休日を利用するには就業規則等で振替休日に関する規定についてしっかりと明記しておく必要があります。これに対して代休は休日労働してもらった後に、かわりに別の労働日を休日に設定するものです。振替休日と代休の大きな違いは事前に知らせるか否かです。振替休日の場合は休日手当はもらえないので注意が必要です。




研修期間や試用期間中の割増賃金は

アルバイトによっては試用期間や研修期間が設けられている場合もあります。試用期間とは1〜6カ月の間働いてもらい、その間に勤務態度や能力、技能を見て正式に雇用するかどうかを判断するための期間です。研修期間とはすでに働いている人と同様の通常業務を行えるよう技能やスキル、仕事の基礎などを学ぶための期間です。研修期間や試用期間であっても労働基準法では基本的に正社員と同じ扱いです。このためこの期間内でも深夜労働手当ても休日労働手当ても、時間外労働手当てももちろんもらう権利があります。




勤務時間の端数の取り扱いについて

1分単位で集計する

深夜労働や休日労働も3時間、4時間ときっちりしている場合はともかく、3時間10分、4時間20分など端数が生じてしまうこともあるかと思います。その場合の賃金の取り扱いはどうなるのでしょうか。勤務時間については1分単位で集計しなければなりません。10分、20分を切り捨てることはできないのです。計算の煩雑さを省くために15分、30分単位で集計する場合は、15分、30分に満たない場合はそれぞれ15分、30分と切り上げて集計することはできますが、0分は扱いに切り下げることはできません。

1ヵ月の合計値なら切り下げできる

ただし深夜労働や休日労働を1か月分集計して、その合計時間であれば端数が30分未満であれば切り下げ、30分以上であれば1時間に切り上げることは可能です。深夜労働や休日労働の端数の切り上げについてはアルバイトの残業時間の15分・30分単位での計算と切り捨てについてで詳しく解説しています。




まとめ

夜間労働手当は午後10時から午前5時までの勤務に支払われるもので2割5分増し以上の賃金が支払われます。夜間労働手当は時間外労働手当とも合算されます。時間外労働手当とは1日8時間、週40時間以上の勤務に対して適用されるもので、2割5分増しの賃金が支払われます。これらが合算される場合は合計で5割増しの賃金となります。

夜間労働手当は休日労働手当とも合算されます。この場合休日労働手当である3割5分増しの賃金と夜間労働手当である2割5分増しの賃金が合わさって6割増しの賃金となります。ちなみに休日労働手当とは法定休日に出勤した場合に適用されるもので、1週間のうち1日は法定休日として定められています。2日休日があっても法定休日は1日のみです。

この休日労働手当は時間外労働手当とは合算されません。例えば1日8時間、週40時間を超える勤務が休日出勤と重なっても適用されるのは休日労働手当のみです。





使えるアルバイトサイトの探し方

求人数の多さや祝い金の充実度、社会保険の有無の確認のしやすさなど様々な項目でアルバイトサイトを比較して、使えるサイトを検証しています。並び替え機能や履歴書登録機能、新着求人メールなどアルバイトサイトを賢く使う方法も掲載しています。
アルバイト求人サイト比較一覧





最終更新日 2016/11/17
公開日 2016/04/20







アルバイト
アルバイトサイトの特徴

社会保険や雇用条件について

アルバイトサイトの気になる点

アルバイトサイト一覧

since 2003/03/11
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved