お仕事広場
HOMEへ > アルバイト > アルバイトの祝い金とは、ジョブセンスとバイトークの違いも検証
 サイトマップ

アルバイトの祝い金とは、ジョブセンスとバイトークの違いも検証



祝い金とは

祝い金とはアルバイトに採用されると現金が貰えるサービスで、採用され初出勤したあとにアルバイト求人情報サイトに祝い金の申請をすることでもらえます。祝い金の原資は求人先の企業が支払う求人費をもとにしています。このシステムは株式会社リブセンスが2006年にアルバイトサイト「ジョブセンス」の運営を開始した当初から取り入れたもので、採用されることで報酬が求職者に支払われるという画期的なものでした。求職が決まるということ自体うれしいことですが、それに加えて祝い金までもらえるということで、ジョブセンスは利用者の支持をうけ今では大手求人企業の一角にまで成長しています。





この成功をみてライバル各社も祝い金システムを採用するところが増えてきています。ただしジョブセンスは基本すべての求人が祝い金の対象となっていますが、他社では一部の求人にとどまっているところもあります。やはり当初から祝い金を基本システムにすえた同社に一日の長があるようです。



祝い金を採用している各社の特徴

金額求人対象申請期限支払日
ジョブセンス最大2万円すべて応募後90日以内申請から60日以内
くるくるバイト最大2万円一部勤務日から10日確認できず
バイトーク最大3万円すべて確認できず申請から105日以内

金額の上限は2万円か3万円かのどちらかです。ジョブセンスとバイトークは全ての求人で祝い金が設定されていますが、くるくるバイトは一部にとどまっています。申請期限はジョブセンスは応募から90日以内とかなり余裕があります。くるくるバイトは勤務日から10日以内とジョブセンスと比べると期限が短く設定されています。バイトークは期限については確認できませんでした。



求人数も大事

祝い金を採用している求人サイトでも求人数が少ないとそもそも目的にかなった求人を見つけること自体難しくなります。各社の求人数を見てみるとジョブセンスが最も多く124000件の求人を扱っています。ついでバイトークで39000件の求人を扱っています。くるくるバイトは12000件の求人を扱っています。アルバイト求人サイトで始めて祝い金サービスを開始したジョブセンスはサイト開設が2006年4月です。いっぽうバイトークはその前身であるバイトリッチがスタートしたのは2009年からです。その後バイトリッチから祝い金を扱う求人専門のバイトークが分離し、バイトリッチ自体は2015年11月にサービスを終了しました。求人数自体はジョブセンスが非常に多いのですが、バイトークもここ数年はかなりの勢いで求人数を伸ばしています。ジョブセンスにはまだ差がありますが、バイトークにしかない求人も少なくはないので両方のサイトを利用することをおすすめします。



祝い金の金額はどこでみれるの?

採用祝い金は各サイトとも条件検索をした結果表示される求人一覧の、各求人の右斜め上にその金額が掲載されています。また求人詳細でも上部に祝い金の金額が掲載されています。

ジョブセンスの場合はここです。


バイトークの場合はここです。




申請はどこですればいいの?

ジョブセンスの場合はTOPからリンクが張られている祝い金の解説ページに大きく申請先のリンクボタンが掲載されているので、そこから申請ページに移動できます。バイトークではマイページの応募履歴から申請フォームに移動できます。くるくるバイトではマイページのトップに祝い金申請ページのリンクボタンが設置されています。



どうやってもらうの

祝い金は申請の際に指定した口座に振り込まれます。



すぐにもらえるわけではない

祝い金は申請しないともらえませんが、申請後すぐにもらえるというわけでは有りません。ジョブセンスはすぐに申請したとしても支払いまで最大で2ヶ月の期間を要します。バイトークにいたっては最大で105日もかかります。くるくるバイトは申請後くるくるバイト側で確認の後支払われると書かれていますが、どの程度日数を要するのかは明記されていません。他のサイトとそれほど差がないだろうと考えるとやはり祝い金は働き始めてすぐにもらえるというものではないようです。



サイトから応募しないとだめなの?

祝い金をもらうためには、当然祝い金を申請するサイトから応募しないと祝い金はもらえません。別の求人媒体を通して応募して、祝い金だけもらおうとしてもだめだということです。ジョブセンスでは祝い金応募資格としてWEBフォームからの申込と電話応募の二つがあげられています。電話応募というのは通常通りサイトの応募フォームから求人の申込をしたあと、すぐに応募先と電話で連絡したい場合に利用できるもので、応募したあと電話番号を記載したメールが送られてきます。電話をする際はジョブセンスから応募した旨を伝える必要があります。

バイトークでは電話応募については注記書きはありませんでしたが、バイトークでもジョブセンスと同様応募したあとに、応募先企業と直接連絡したい場合には応募完了メールに連絡先の電話番号が掲載されています。バイトークにしろジョブセンスにしろどのみち電話で連絡する前にはサイトから応募することが必要なので、結局はサイトから応募する条件を満たさない限りは祝い金の申請は出来ません。



初日が研修の場合は?

勤務の初日が研修の場合は祝い金の申請はどうなるのでしょうか。ジョブセンスの場合は「初日の勤務(研修)が完了していないと、祝い金を申請できません」と記載されているので研修も含まれるものと思われます。バイトークでは初日が研修の場合は時給が出る研修に限り初出勤扱いとなり、祝い金の申請が可能なようです。



実際どの程度支払われているの?

ジョブセンスの発表ですが、2014年の1年間に採用祝い金として「1億7136万4500円」が支払われたと公表しています。これはグループサイトのジョブセンス派遣の祝い金も含めた金額ですが、多くの方が祝い金を申請し、実際に支払いが行われているということがわかるかと思います。



各社で祝い金に差はあるのか?

祝い金の上限金額はサイトにより2万円と3万円に分かれますが、実際のところ各サイトで祝い金に差はあるのでしょうか。実際に何件か求人案件を見ていき、各サイトで祝い金の金額に差があるのかどうかを確認してみたいと思います。調査したのは2015年6月24日です。まずは「ソフトバンク ヨドバシカメラ 新宿西口店」の案件を見てみるとジョブセンスは10000円で、バイトークは11000円でした。くるくるバイトについては掲載されていませんでした。

ジョブセンス 10000円
バイトーク 11000円

つぎに「AUXAMIS TOKYO(オザミトーキョー)」の案件を見てみるとジョブセンスは上限の2万円、バイトークは上限の3万円でした。くるくるバイトについては掲載されていませんでした。

ジョブセンス 20000円
バイトーク 30000円

「トヨタレンタリース 池袋東口店」ではジョブセンスは7000円、バイトークは5000円でした。くるくるバイトは掲載されていませんでした。

ジョブセンス 7000円
バイトーク5000円

「ketty(ケティ) 大阪高島屋店」ではジョブセンスは5000円、バイトークは4000円でした。

ジョブセンス 5000円
バイトーク 4000円

「北新地鳥屋 本店」ではジョブセンスが7000円、バイトークは4000円でした。

ジョブセンス 7000円
バイトーク 4000円

調べてみた結果、ジョブセンスとバイトークでは同じ求人案件でも金額に違いがあるケースが少なくないようです。どちらが多いか少ないかは求人案件によってことなり、ジョブセンスのほうが金額が高いものもあれば、バイトークのほうが金額が高いものも有りました。両方で調べてみて金額の多いほうで申し込むといいでしょう。またどちらか一方でしか掲載されていない求人案件も多いため、両方のサイトを活用することでより選択肢の幅も広がるといえるでしょう。くるくるバイトは求人総数自体は多いのですが、その中には派遣や正社員の求人案件も含まれていて、アルバイトの求人案件になるとそれほど多くはないようです。またその中で祝い金が採用されるものも一部なので、総数としてはジョブセンスやバイトークと比べるとかなり少ないです。ジョブセンスとバイトークを抑えておけば十分ではないでしょうか。

ジョブセンスバイトーク



その他のサイトでも祝い金付き求人は探せる

実は大手アルバイトサイトであるマイナビバイトやfromA、anやe-aidemでも祝い金付きアルバイトを探すことはできます。やり方は簡単でフリーワード検索で祝い金と入力するだけです。これで祝い金を採用している求人情報の一覧が掲載されます。

すべての求人が祝い金の対象であるジョブセンスやバイトークほど祝い金付きの求人の数は多くはありませんが、こうしたサイトでも祝い金付きの求人は探せるのです。これら祝い金は求人募集しているそれぞれの会社が独自に設定しているものなので、アルバイトサイトが設定する祝い金の上限額の制限なども気にする必要はありません。このため中には5万円、10万円の祝い金を設定しているところもあります。ただしここまで高額の祝い金を設定している求人の数はそれほど多くはありません。その他のサイトでの祝い金についてはマイナビバイトやan、fromAでも祝い金アルバイトを探せるでも詳しく取り上げています。



祝い金ボーナスタイム

2016年7月12日からジョブセンスでは祝い金の追加サービスを開始しています。これは「ボーナスタイム」というもので1日に何度かボーナスタイムを2時間ほど設け、その時間内であれば通常の祝い金にプラスして5000円〜10000円の祝い金を追加で支払うというサービスです。祝い金サービス自体他社も参入してきているので、なかなか差別化しづらいという問題に直面したうえでの新たなサービスだと思われます。

だいたい1日に二度三度とボーナスタイムが設定されています。ボーナスタイムが実施されるとサイトにアクセスした際に以下のような表示がなされます。



ボーナスタイムでの追加の祝い金はすべての求人が対象というわけではありません。通常通り求人検索をした際に求人案件の名称の横にボーナス対象のマークが表示されるので、そのマークが表示される求人はボーナス対象になります。ざっとみたところ対象求人はかなり多く、通常なら祝い金が1000円とか2000円の求人もたくさん対象に入っています。



祝い金ボーナスタイムの実施のタイミング

祝い金ボーナスタイムの実施は大体前日、前々日と大きく変わることは稀です。たまにガラッと変わることもあるようですが、基本的には前日、前々日と同じです。サイトには以下のようなこれまでの実施履歴も掲載されているので、これを参考に次いつ実施されるかを想定して、ボーナスタイムを狙ってアルバイトの求人応募をしてみるのもいいかもしれません。



祝い金が1000円、2000円といった求人も少なくありません。また上記で述べましたが、祝い金が少額設定のモノはバイトークなど他社と比較してもそれほど差がないものも少なくありません。こうした少額の祝い金の求人でもボーナスタイムを利用すれば追加で5000円、10000円がもらえるチャンスがでてくるわけです。ジョブセンスの新たなサービスですが、祝い金をさらに多くゲットしたい方は活用されてみてはいかがでしょうか。

ジョブセンス





使えるアルバイトサイトの探し方

求人数の多さや祝い金の充実度、社会保険の有無の確認のしやすさなど様々な項目でアルバイトサイトを比較して、使えるサイトを検証しています。並び替え機能や履歴書登録機能、新着求人メールなどアルバイトサイトを賢く使う方法も掲載しています。
アルバイト求人サイト比較一覧





最終更新日 2016/10/19
公開日 2014/01/16







アルバイト

since 2003/03/11
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved