お仕事広場
HOMEへ > アルバイト > アルバイトが健康保険に加入して保険証を取得するには
 サイトマップ

アルバイトが健康保険に加入して保険証を取得するには



健康保険とは

健康保険とは医療機関にかかった際の医療費の自己負担額が3割ですむ医療保険制度です。健康保険に加入していなければ医療費は全額自己負担となります。健康保険に加入していれば医療費の3割負担だけでなく、医療費が高額になった際に、設定限度額を超える分は後で還付してもらえる高額医療費還付制度も利用できます。このようにいざというときに安心な健康保険ですが、アルバイトやパートでも加入することは出来るのでしょうか。




医療保険には種類がある

医療保険には運営主体により3つの種類があります。まず各市町村が運営する国民健康保険と、中小企業従業員などを対象とした全国健康保険協会や一企業、同業他社が組織した組合が運営する健康保険、共済組合が運営する共済保険の3つです。アルバイトやパートが医療保険に加入する場合は、その会社の健康保険か国民健康保険のどちらかに加入することになります。保険料は国民健康保険は全額自己負担ですが、健康保険と共済保険はそれぞれ会社や組合が半額を負担してくれます。

国民健康保険健康保険共済保険
運営各市区町村協会または組合共済組合
対象自営業者など会社員公務員
保険料負担全額半額半額




協会けんぽとは

アルバイトやパートが健康保険に加入する場合は国民健康保険か健康保険のどちらかになります。このうちの健康保険についてもう少し詳しく見て行きます。健康保険は大企業や多くの同業他社が集まって組合を結成し、その組合が運営する組合健康保険があります。しかしながら中小企業ではこうした組合を自前で用意するのは困難な場合も多く、こうした中小企業を対象に全国健康保険協会が運営する協会けんぽ「協会健康保険」というものもあります。

協会けんぽは従来は社会保険庁(国)が運営してきましたが、2008年11月1日からは厚生労働省管轄の公益法人全国健康保険協会への運営へと変わっています。協会けんぽは日本で最も加入者数の多い健康保険組合で平成26年の時点で3,639万人の加入者を抱えます。最近では大企業でも自前の健康保険組合を解散し、協会けんぽに加入するケースも増えてきているようです。このように会社が加入している健康保険は各組合が運営しているものか協会けんぽかのどちらかになります。




健康保険のその他のメリット

国民健康保険は健康保険とは違い保険料を会社が半分負担してはくれません。それいがいにも健康保険ならついてくるさまざまな特典も国民健康保険にはありません。例えば健康保険には傷病手当金や出産手当金、育児休業期間中の保険料免除といった特典があります。

傷病手当金

私傷病(業務起因しないけがや病気)で会社を休む場合、4日目以降から最大で1年6カ月まで標準報酬日額の2/3の賃金が支払われる制度。

出産手当金

出産のために会社を休んだ場合、産前の42日から産後56日までは標準報酬日額の2/3の賃金が支給される制度

育児休業期間中の保険料免除

産前の42日から産後56日までで就業につかなかった期間の保険料の支払いは免除される制度

こうした特典は国民健康保険にはありません。アルバイトやパートでも健康保険に加入できる条件がそろっているなら、特に出産や怪我や病気の場面で健康保険のメリットは大きくなります。




標準報酬日額とは

標準報酬日額とは標準報酬月額を30で割ったものです。標準報酬月額とは一般に4月〜6月までの平均賃金を、健康保険法で定められている標準報酬月額区分表に当てはめて算出するものです。標準報酬月額区分表では平均月額が63,000円未満なら標準報酬月額は58,000円、185,000円以上、195,000円未満なら190,000円というように、計算しやすいようにある範囲の賃金は何円とまとめたものです。




会社の健康保険に加入するには

出来るなら保険料の半額を会社が負担してくれる健康保険に加入したいところですが、加入するにはいくつか条件があります。それは次の二つです。

・契約期間が2ヶ月以上であること。契約期間が2ヶ月未満でも再契約により2ヶ月を超える場合。
・労働時間が週30時間以上、かつ週4日以上の契約(雇用元の正社員のおおむね4分の3以上)。

週30時間というのは例えば週5日勤務するなら1日あたり6時間、4日勤務なら7.5時間勤務すれば満たせる計算になります。2ヶ月以上の雇用契約でさらに会社が社会保険に加入しているのであれば、アルバイトやパートでも健康保険に加入することが出来ます。




週20時間以上でも加入できるケースもある

健康保険の加入条件の一つである労働時間は通常週30時間以上ですが、平成28年度からは従業員501人以上の企業であれば週20時間以上から加入することができるようになります。ほかにも月額賃金8.8万円以上(年収106万円以上)や勤務期間1年以上などの条件がありますが、こうした条件をクリアすれば週20時間以上で健康保険に加入する資格を得ることが出来ます。




会社が社会保険に加入していない場合は?

アルバイトやパートの勤め先が社会保険に加入していない場合は国民健康保険に加入することになります。健康保険は会社が保険料の半額を負担してくれるのでどうせ加入するならそちらに入ったほうがお得ですが、社会保険に会社が入っていないのであれば加入のしようがありません。ではどのような会社が社会保険に加入しないのでしょうか。

法律上株式会社などの法人は社会保険に加入する義務があります。また個人事業主でも常時5人以上の従業員を使用している場合は社会保険に加入しなければなりません。加入が任意となるのは5人未満の個人事業主か、5人以上の個人事業主で以下の特定の業種以外に従事する場合です。アルバイト先として多い飲食業や美容業などはこれら特定の業種に含まれていないので、5人以上でも個人事業主であれば社会保険への加入は任意となります。

製造業、土木建築業、鉱業、電気ガス事業、運送業、清掃業、物品販売業、金融保険業、保管賃貸業、媒介周旋業、集金案内広告業、教育研究調査業、医療保健業、通信報道業など




健康保険の有無を確認

2ヶ月以上の契約で週30時間以上勤務する予定であり、健康保険にも加入したいと考えているのであれば、社会保険の有無はアルバイト・パート情報を検索する際にしっかりと確認しておきたいところです。通常健康保険に加入している会社であれば求人情報の欄に「社保完備」と記載されています。社保完備とは健康保険、雇用保険、労働保険、厚生年金保険の4つが完備されていることを表しています。いかのアルバイトサイトでは「社保完備」を検索する際の条件に設定して検索することが出来ます。こうしたサイトを利用するのもおすすめです。

マイナビバイト e-aidem バイトーク




扶養家族の場合は

健康保険や共済保険には扶養という概念があり、同一世帯で3親等内(子、父母、孫、祖父母、弟妹)であり、かつ収入が年130万円未満であれば扶養家族とすることが出来ます。扶養家族であれば健康保険の支払いは免除されます。このため世帯主である親や夫・妻が社会保険に加入している場合は、わざわざ健康保険に入る必要はありません。130万円という収入は月にすると約10.8万円ほどです。これより稼いでいる場合は健康保険に加入しなければなりません。

ちなみに世帯主が自営業などで国民健康保険に加入している場合は扶養関係は気にする必要はありません。国民健康保険では世帯単位で保険料が徴収され、世帯人数が多くなるほど保険料が高くなります。つまり扶養家族の収入額に関係なく保険料が徴収されているわけです。

国民健康保険支払い健康保険支払い
扶養妻・夫世帯単位で徴収免除
扶養子供世帯単位で徴収免除





使えるアルバイトサイトの探し方

求人数の多さや祝い金の充実度、社会保険の有無の確認のしやすさなど様々な項目でアルバイトサイトを比較して、使えるサイトを検証しています。並び替え機能や履歴書登録機能、新着求人メールなどアルバイトサイトを賢く使う方法も掲載しています。
アルバイト求人サイト比較一覧





最終更新日 2016/09/17
公開日 2016/05/20







アルバイト
アルバイトサイトの特徴

社会保険や雇用条件について

アルバイトサイトの気になる点

アルバイトサイト一覧

since 2003/03/11
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved